面接は「ことば」にリズムをつけよう!

面接は「ことば」にリズムをつけよう!

多くの就職希望の高校生の面接指導をする機会がありますが、いちばん気になるのは、このヒトコトです。

 

「え〜っと・・・」。

 

「志望動機」「自己PR」「将来の夢」「高校の思い出」などという、 おそらく何回も練習してきた内容だと、このヒトコトは出てきません。

 

 けれど、面接官はプロ。普段の受験者の様子を知りたいと、いろんな質問を繰り出してきます。「今朝のご飯は、なに?」「好きな野球のチームは?」「担任の先生のキライなところは?」などと、ちょっと変わった質問をされると、とたんに出てきます。

 

 「え〜っと・・・」面接をしていて、これほど聞き苦しいコトバはありません!では、高校生の面接から「え〜っと・・・」「あの・・・」「う〜ん・・・」などの「迷いコトバ」を無くするためには、何を気をつけたら良いのでしょうか。

 

 それは、「ことば」にリズムをつけること。具体的には、どんな時でも、答える前に「はい!」と、つけることです。これだけで、しゃべりのリズムが改善され、「え〜っと」が消えるのです。

 

 例を挙げてみましょう。「好きな食べ物は、何ですか?」「はい!、メロンです」「今朝のご飯は、何ですか?」「はい!、納豆とタマゴ焼きです」

 

 実際に試してみてください。「はい!」と元気良くしゃべってしまうと、「え〜っと」が出てこなくなりますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ